当會は今年で発足24年目を迎え、會員増強等、さらなる事業の拡大を目指しております。

  まず、通常の活動は、毎月の清掃奉仕(冬季は除雪)をベースに、正月の振舞い餅つき、5月の例祭神輿渡御(禊は一週間)、秋の稲刈り、新嘗祭、年末の煤払い等であります。

前ページ

山形県 寒河江神社氏子青年神輿會

ホーム
指定氏子青年会報告index

  これに加え本年度は指定氏子青年会を受けたのと併せ、寒河江八幡宮勧請九百年記念事業、山形県神道青年会創立三十五周年記念事業とも重なり、會員一同、若手神職をはじめ氏子崇敬者の皆様と大きな一歩を踏みしめた年になりました。

  具体的には、県神青会との田植え、稲刈りを共にして親睦を深めたこと。また、九百年記念事業での参集殿新築工事に伴う銅版芳名活動、大神輿の鳳凰等の新調、神輿殿の引舞工事等が行われました。

  今回の氏青指定を受け、当會の神輿が新たな輝きを得たことにより大幅な會員の増強が期待できます。しかしながらこれらの事業は、ブームということではなしに、建國以来今日までその精神を伝えている神社のように、底光りするような磨かれた輝きに繋がらなければなりません。そういった會に成長できるよう努め、神社の隆昌と地域の発展に貢献していきたいと思います。

                                     会報『うじせい』№65より

うじせい