京都府
前ページ

ujisei うじせい 氏青 うじこせいねんかい 氏子青年会

上賀茂神社 青年会

ホーム
新規加盟index
会報『うじせい』bU8より
  初めまして、第四十八定期大会において認証されました、上賀茂神社青年会会長杉本寿一と申します。

  上賀茂神社は正式名称「賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)」といい、国宝の本殿で御祭神、賀茂別雷大神をお祀りします。賀茂別雷大神が神代の昔、秀峰神山に御降臨された事を起源とし、その後天武天皇の御代(678)に現在の社殿の基が造営されました。平安京遷都以降は皇城鎮護の神・山城國の一之宮として、現在では農耕守護・厄除開運・方除・電気産業守護の御神徳により多くの方に慕われ、年間70数度の恒例の祭典や様々な行事が行われています。その多くは平安時代から連綿と継承されてきたもので、5月15日の例祭・賀茂祭(葵祭)は6世紀に始まった、京都でも最も古くから続く全国的にも知られるお祭りです。こうした伝統の祭典や文化と共に平安時代の佇まいが残されている境内は、平成6年に世界文化遺産に登録されました。

  この、先人達が培ってきた貴重な伝統や文化の継承と、若い世代に神社のことを理解してもらう為に、平成21年8月30日、上賀茂神社青年会が設立されまいた。

  その為に、先ずは会員一人一人が楽しめ、神社のことを学んで知識を深めていくことを第一として、神職との交流会・賀茂祭ほか神事の奉仕・年末の清掃奉仕を中心に事業を実施し始めたばかりでございます。

  まだまだ設立されたばかりの青年会ではありますが、今後他の青年会の皆さんと一致団結しつつ上賀茂神社青年会らしい独自の事業・活動を展開することによって、次世代に上賀茂神社を初めとする素晴らしい文化・伝統を継承出来る組織に高め、将来は地域や社会の発展に寄与していきたいと考えておりますので、宜しくご指導賜りますようお願い申し上げます。