平成二十五年、伊勢の神宮では第六十二回式年遷宮が執り行われます。

 この「ご遷宮」は、二十年に一度、御社殿の建替えはもちろん、御装束・御神宝に至るまで、全てを新しくする、神宮最大のお祭りで、約千三百年にわたって受け継がれてきた、まさに日本の伝統文化を象徴する国民的一大イベントです。

 既に御用材の切り出しなど、造営の準備にともなう諸儀式が始まっており、我々氏子青年会も、ご遷宮を国民挙げて奉賛すべく、いろいろな活動を展開していく予定です。
 
 まず、今年六月三日、伊勢市内で御用材を曳く「御木曳行事」に、全国からの会員二百五十名を以って参加します。また前日には二見の浜で勇壮な「みそぎ行事」も行います。

  さらに、青少年に向けて易しくご遷宮を解説する小冊子の発行や、キャラバン隊を編成しての広報活動など、氏青ならではの奉賛事業を展開して参りたいと思いますので、会員各位の一層の御理解・御協力をお願い申し上げる次第です。
神宮式年遷宮奉賛活動について