最優秀氏子青年会

射手神社氏子青年会 (三重県)

 平成19年7月28日に開催されました第45回全国氏子青年協議会定期大会におきまして、最優秀氏子青年会と指定氏子青年会のダブル表彰の栄誉を受けましたことは、大変光栄なことであり、会員のみならず地域住民共々感謝感激の気持ちで一杯です。
  射手神社氏子青年会は、現在20〜30代の36名で構成され、祭礼時の神賑行事の協賛を始め、地域の発展を祈り様々な行事を支援しています。
  昭和33年4月に三重県下初の氏子青年会がこの射手神社で結成され、今年でちょうど50周年の半世紀が経ちました。今回のダブル受賞も、代々の射手神社氏子青年会の先輩方が築きあげてこられた功績の賜物と深く感謝しています。

  しかし、大変残念なことに近年では核家族化が進み、今年度はなんとか前年度と同様の会員数を維持できましたが、会員は減少する一方で地域の行事も縮小傾向です。そこで、今回の受賞を機に平成20年2月には射手神社氏子青年会結成50周年の記念式典を開催し、先輩たちが構築されてきたご功績に敬意を表するとともに、この行事を起爆剤として氏子青年会の更なる活性化を図り、より強い団結力を固める所存です。

今後も60年百年と、県下屈指の伝統を誇る射手神社氏子青年会をしっかり後世継承し、生まれ育った長田の氏神様をお守りして行きますので、引き続き皆様方からのご指導・ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 
          (会長。古川英生)

会報『うじせい』bU5より

結成50周年記念へリンク