省力化・機械化が進む世情にあって、私共は、人と人とのつながり、そして感謝の心を忘れることなく、氏子青年会綱領の実践に向けて全国の氏子青年の皆さんとともに歩んで参る所存でありますので、今後とも、変わらぬご支援・ご指導を賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申しあげます。

 そうした中、高山白山神社氏子青年会は、子供から大人まで、同じ町内の各世代が神社に集い、より一層交流を深めることを目的とし、結成されました。

 結成当時、私達の先輩方は、暗中模索し、楽しみながら敬神の心を養う様々な企画を生み出し、以来三十年の歴史の中で、その精神は各世代に受け継がれ、その献身的な努力は、今日の私達の活動の礎となっております。

 この度賜りました全国最優秀氏子青年会という栄えある称号は、そうした緒先輩方が築き、受け継がれてきた当会の歴史全体に対して頂いたものであり、私達は単にその代表として頂いたものと存じ、この受賞を励みとし、より広範で充実した活動を行っていかねばならないと、会員一同身の引き締まるおもいであります。

 今日、当会が行っております活動としましては、例祭や新穀感謝祭・焼納祭といった敬神行事への参加の他、ハイキングコースの整備や地域の小学生を奉仕活動やレクリエーションを通した交流行事、また、地元町内会主催行事への参加など、より地域に密着したものとなっておりますが、今後も様々な企画を考え、実践しながら、微力ばがら町おこしに寄与する団体となる様、会員一同力を合わせ、緒事業に当る所存であります。

 高山白山神社は、建久二年伊邪那岐命を祭神として創建され、その歴史は八百余年を数えます。
 
 「越すに越されぬ大井川」に注ぐ相賀谷川が中心を流れる緑豊な郷土にあって、高山白山神社は常に私達の心の拠り所として親しまれております。

最優秀氏子青年会

(静岡県)

会報『うじせい』bU3より

次ページ
前ページ

ujisei うじせい 氏青 うじこせいねんかい 氏子青年会

ホーム
単位会活動紹介index